ブログトップ

花木星ミトン

hanamoku.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヘリンボーンのベレー 再び

d0220508_13412953.jpg


『編みものこもの』からヘリンボーンのベレー。
前回は色違いで編みましたが、今回は色も本と同じ指定糸です。

作り目を、鎖から拾う一目ゴム編みの作り目にしてみました。
帽子の被り口はきついとおでこがちくちくするので
この作り目は伸縮性があって帽子には合うと思います。

ところで、作り目の名前ってわかりづらいなあといつも思います。
指でかける作り目、ならまだしも一般的な作り目、なんてちょっと許せない名前です。
編み物が本で継承されてきたものではないっていう事なんだろうけど
出版各社共通のわかりやすい名前を決めたらよいのになー。


話が横道にそれました。

三國さんのデザインは、目でみて素敵なのはもちろんですが
編み手の楽しみが考えられているな、と編む度に思います。
楽しくて編むのがとまらなくなります。

帽子を作るときってたいていトップは6つか8つ、またはその倍数に分けて減らし目することが多いですよね。
専門学校で帽子を勉強していたときにはそれが当たり前で、
トップを7つに分けたパターンを引いた友達は「そんなことできるわけないでしょ!」と先生にこてんぱにやられてました。
(ニットではなくて布帛の帽子なので、確かにトップが奇数じゃミシンで縫いづらいんですけどね 笑。)
 
この帽子も、ケーブルの髪結び帽子もそうなんですけど、そんな常識から一歩踏み出しているんです。
この帽子はトップが9つに分かれていて、ケーブルの帽子は7つ。
そんなところも、とても面白く感じました。


あと2週間ほどで、三國さんの新刊が発売になるようですね~。
『きょうの編みもの』。
表紙の写真のカーディガンだけで、もう、もう!大興奮しています。
また編みたいものがたくさんなんだろうな。

冬にまた手創り市に出展できたらと思っているのですが
この本を見たらしばらくは頭の中がいっぱいになりそう。
発売される前に少しは編み貯めておかなければっ。
[PR]
by hanamokusei | 2011-08-31 13:42 | ニット帽

アランのカーディガン 袖と前立て

編む事に必死でなかなかPCまでたどりつけませんでしたが
アランのカーディガン、袖と前立て編み終わりました。
とじも進めていて、完成間近です!

d0220508_2305654.jpg



d0220508_2311731.jpg

前立て

袖はゴム編みから本体に入る部分で1目増すのですが
左右対称に、それぞれ中央のケーブルの隣で増し目をしました。

カーブの増し目は、端の目の隣でねじり増し目をしましたが
とじるときにわかりづらいので、もうひとつ内側の目でも良かったかなと思いました。

ボタンホールはいろいろ試してみたのですが
結局本に載っている編み図の通りに編みました。
伏せ目は、表目より裏目で伏せる方が個人的に好きなので
裏目で伏せました。
ボタンをしたら見えない所ですが、こういう細かいところが気になってしまいます。


先日、師匠の家に泊まりこみでとじ合宿をしました。
完成間近だったのですが、もう少しのところで時間切れ・・。
これだけ時間をかけて編んでも、とじる所はほんの少し。
早く完成させたいのはやまやまですが
また師匠に教わってしっかり仕上げたいと思います。

問題のサイズですが、本当に偶然なのですが、はかったように自分にぴったりでした!
袖の長さなんて指定より5cmも短くなってしまったのに。
これが指定通りに編めていたらとっても大きいカーディガンになるところでした。
逆にゆとりが少ないので、縮ませないように、気をつけて洗濯しなければ・・。

完成したらご報告します!
[PR]
by hanamokusei | 2011-08-28 23:25 | 着るもの

アランのカーディガン 前身頃完成

アランのカーディガン、前身頃出来ました。

d0220508_23154350.jpg


前身頃は、左右を対称に減らし目することに神経を使いました。
本に編み図がすべて載っているわけではないので
製図を見ながら、減らし目部分は方眼用紙に編み図を書き起こして
手探りで編んでいきました。

右前身頃から編み始めて、左前身頃の後半くらいで
やっと自分なりに糸の調子がつかめてきました。

でもこれで身頃は終了。
編むのが楽しかったseedwishboneともお別れして
次はいよいよ袖です。
[PR]
by hanamokusei | 2011-08-05 23:22 | 着るもの