ブログトップ

花木星ミトン

hanamoku.exblog.jp

カテゴリ:ニット帽( 7 )

星だらけの帽子

三國万里子さんの『きょうの編みもの』から
星だらけの帽子を編みました。

雪だらけの手袋を編んだ時は
初めてのシェットランドヤーンにかなり苦戦したのですが
今回はその時のことを頭に入れて
直したいところを考えながら編みました。

結果、編みこみ部分は自分の理想に近いものを編めました。

d0220508_8481159.jpg


この後、洗いをかける工程があります。
雪だらけの帽子の時にはさっと水に通す程度にしたのですが
今回は数時間水につけてみました。

d0220508_8495849.jpg


本体は洗い前後の差をあまり感じられませんでしたが
ポンポンの状態はかなり変わりました。

d0220508_8511178.jpg


少しもわもわになりすぎてしまったかしら。。
もっと糸感を残したかったです。
洗いのかけ方も加減が難しくて、奥が深そうですね~。

モヘアセーター、もう少しで完成しそうなのに
苦戦しています。。
春が始まる頃には完成させて着たいなと思っています。
[PR]
by hanamokusei | 2012-01-30 08:55 | ニット帽

ヘリンボーンのベレー 再び

d0220508_13412953.jpg


『編みものこもの』からヘリンボーンのベレー。
前回は色違いで編みましたが、今回は色も本と同じ指定糸です。

作り目を、鎖から拾う一目ゴム編みの作り目にしてみました。
帽子の被り口はきついとおでこがちくちくするので
この作り目は伸縮性があって帽子には合うと思います。

ところで、作り目の名前ってわかりづらいなあといつも思います。
指でかける作り目、ならまだしも一般的な作り目、なんてちょっと許せない名前です。
編み物が本で継承されてきたものではないっていう事なんだろうけど
出版各社共通のわかりやすい名前を決めたらよいのになー。


話が横道にそれました。

三國さんのデザインは、目でみて素敵なのはもちろんですが
編み手の楽しみが考えられているな、と編む度に思います。
楽しくて編むのがとまらなくなります。

帽子を作るときってたいていトップは6つか8つ、またはその倍数に分けて減らし目することが多いですよね。
専門学校で帽子を勉強していたときにはそれが当たり前で、
トップを7つに分けたパターンを引いた友達は「そんなことできるわけないでしょ!」と先生にこてんぱにやられてました。
(ニットではなくて布帛の帽子なので、確かにトップが奇数じゃミシンで縫いづらいんですけどね 笑。)
 
この帽子も、ケーブルの髪結び帽子もそうなんですけど、そんな常識から一歩踏み出しているんです。
この帽子はトップが9つに分かれていて、ケーブルの帽子は7つ。
そんなところも、とても面白く感じました。


あと2週間ほどで、三國さんの新刊が発売になるようですね~。
『きょうの編みもの』。
表紙の写真のカーディガンだけで、もう、もう!大興奮しています。
また編みたいものがたくさんなんだろうな。

冬にまた手創り市に出展できたらと思っているのですが
この本を見たらしばらくは頭の中がいっぱいになりそう。
発売される前に少しは編み貯めておかなければっ。
[PR]
by hanamokusei | 2011-08-31 13:42 | ニット帽

ケーブルの髪結び帽子 完成

ケーブルの髪結び帽子が完成しました。

d0220508_15192569.jpg


おばあちゃんぽいという家族のひと言が気になって
結局トップにスコーンのかわりにポンポンをつけました。
少しは若返ったかしら。。

d0220508_15212459.jpg


迷いに迷ったボタンは、こんなシンプルなものにしました。
写真にうまく撮れなかったのですが
透明のボタンの中に、白い花模様が入っているので
濃い色のキャップの中で浮かびあがってかわいいです。

このボタンは日暮里のオントラベリングさんで購入したもの。
ボタンは少しずつですが骨董市などで集めているので
いずれご紹介したいです。


肝心のとじですが
模様の部分はメリヤスはぎ、ベースの部分は裏メリヤスはぎになるように
やってみました。
とじたところがどうしてもへこんでしまうけれど
はじめてにしてはまあまあうまくできました。

d0220508_1527495.jpg


反省点。
編み終わりを伏せ止めにするのですが
何も考えないで表編みの伏せ止めにしてしまいました。
裏メリヤス編みベースなのだから
裏編みの伏せ止めにしたほうがきれいだったと思います。
[PR]
by hanamokusei | 2011-07-22 15:28 | ニット帽

ケーブルの髪結び帽子

d0220508_2294592.jpg


『編みものワードローブ』よりケーブルの髪結び帽子。
カーディガンを編む前に、太めの糸に手を慣らしたくて編みました。
未完成です。なので糸がぴろぴろーっと出てます。

糸は指定のブリティッシュエロイカ。
カーディガンと同じ糸です。

いつも編み目がきつくて小さめサイズに出来上がってしまうので
針は指定より1号上げて10号で編みました。

この帽子、いろんな技法がぎゅぎゅぎゅーっと詰まっていて
編んでいてとても楽しかったです。

引き返し編みでトップの形を作っていくのも面白いし
ケーブル針を使わないで作るケーブルがかわいくて!

d0220508_2284799.jpg


でも、色選びがちょっと失敗だったのか
出来上がりがなんだかおばあちゃんぽくて。
家族に『柴田トヨさん(くじけないで、のおばあちゃん)みたい』
と、トヨさんの画像を見せられました。
確かに・・。

まだ完成はしていなくて、これから後ろをメリヤスはぎではぐんですが、
メリヤスはぎが苦手なので練習しなくては!
[PR]
by hanamokusei | 2011-06-25 22:11 | ニット帽

まとめ髪のためのキャップ

d0220508_15175725.jpg


三國さん作品シリーズ、もう少し続きます。

今はなき雄鶏社から出版されていた
『冬のおでかけニット』から
まとめ髪のためのキャップ。

後ろにボタンでとめるスリットがあって
まとめた髪を出せるようになっています。

そのスリットを作るために
表編みと裏編みで模様を編んでいく部分を
輪編みではなく往復で平らに編んでいきます。

普段ほとんど輪編みしかしないので
裏側からあんでいくときは編み図の裏を表に、表は裏に・・
と、混乱しながら編みました。

途中放置した時期もあり、長い期間をかけて完成しました。

ボタンはどんなものをつけようかなあと考え中です。
[PR]
by hanamokusei | 2011-04-03 15:18 | ニット帽

編込みポンポン帽子

d0220508_154655.jpg


『編みものワードローブ』より
編込みポンポン帽子。
憧れのフェアアイルに初挑戦!

ゴム編み部分から何色も毛糸を使っていくこの帽子。
編むのが楽しくてどんどん進みました。

自分で使いたくて作ったのですが
サイズがかなり小さくなってしまいました。
わたしのゲージは縦長で横幅が狭いのです。
ミトンのときは目数も少ないのでそれなりになるんですが、
帽子でははっきりとサイズに表れてしまいました。

ウェアにも挑戦したいので
編み目を整えることを意識して行きたいです。

帽子のサイズが小さめなので、ポンポンも小さくしました。
[PR]
by hanamokusei | 2011-04-02 18:57 | ニット帽

ヘリンボーンのベレー

d0220508_22121640.jpg


ミトン編みを一休みして
極太糸でベレーを編みました。

三國万里子さんの『編みものこもの』から
ヘリンボーンのベレー。

指定糸のパピーブリティッシュエロイカを使用しました。

リブ部分は指定の7号針で編んだらきつかったので
8号針で編みました。
本体は指定通りの10号針を使用しましたが
やはり本に載っているサイズより小ぶりになりました。

普段3号~5号の針で編むことがほとんどなので
なかなか手が慣れず
かなりぼこぼこの編み目になってしまいましたが
ヘリンボーンがどんどん浮かび上がってくるのが楽しくて
どんどん編み進みました。

そして、ベレーと言えば・・の、てっぺんのぽっち。
こんな風に編めるなんて!!と驚きで、
最後が一番楽しかったです。
[PR]
by hanamokusei | 2011-03-08 22:13 | ニット帽